AGAは遺伝のせい?原因をチェック!

薄毛は遺伝するのか
薄毛や抜け毛は遺伝すると聞いたことはありませんか?
実はAGAの発症リスクは遺伝子が深く関係すると言われていて、それは母方から遺伝する恐れがあります。

そもそも髪が減る・抜ける原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンです。

一般的な男性ホルモン(テストステロン)は筋肉や骨格の形成に必要な物質で、女性でも分泌するものです。
テストステロンは頭皮で生成される5αリダクターゼによってDHTに変換されます。
この段階でAGAになることはありませんが、問題は毛乳頭のレセプター(受容体)と結合してしまうことです。

レセプターは誰もが持っていますが、数が多かったり感受性が強かったりすると、多くのDHTと結合して脱毛因子になってしまいます。
脱毛因子が増えるとヘアサイクルが乱れ、髪が十分に育つ前に抜けてしまうのです。

5αリダクターゼの分泌量とレセプターの感受性は、母方の祖父・祖母から遺伝することが分かっています。
父方が薄毛家計であっても、自分が薄毛になるとは限らないのです。

対策としては定期的に頭皮マッサージをするなどがありますが、体質自体が変わることはないため、いかに早めの処置をするかが重要になります。
抜け毛が増えたり髪のボリュームが変化したり、何らかの異常を感じたのであれば、その段階でAGA治療薬の使用を始めるといいでしょう。

AGAは進行性の脱毛症なので、放置してしまうと抜け毛はひどくなります。
一過性である円形脱毛症や脂漏性脱毛症とは違い、治療をしなければ治りません。
生え際や頭頂部の毛量が減った場合はAGAの疑いが強いため、時間を置かずにすぐ治療を始める必要があります。