むくみ、動悸…ミノキシジルの副作用とは

薬のリスク
薄毛の改善に大きな効果があると知られているミノキシジルですが、効果が高いだけあって副作用もあるんです。
どのような症状がでるのか、ミノキシジルの副作用についてお伝えします。

飲み薬は副作用が出やすい!?
飲むミノキシジルは、特に副作用が出やすいと言われています。
薬の成分が血管を通って細胞に作用するため、影響が出やすいのです。
・動悸
・むくみ
・めまいや立ちくらみ
・低血圧
上記のような副作用が出ることがあります。
もともとミノキシジルは、高血圧の治療薬として使われていました。服用者の毛量が増える症状が出たため、AGAの薬に改作されたのです。
ミノキシジルは高血圧の薬だったことから、身体の中で【血管が広がる→血圧が下がる→血のめぐりが良くなる】という働きが行なわれます。
血のめぐりが良くなると普段よりも心臓が活発に動くため、心臓がバクバクするような動悸の症状が出ます。
血管の拡張はむくみの原因にも…。血圧が下がると、めまいや立ちくらみの症状が出る方もいます。

塗り薬ならではの副作用もある
塗り薬の場合は、比較的副作用は少なく、日本皮膚科学会のガイドラインでも使用を勧められているほどです。
心臓肥大など心血管系の副作用が懸念されていますが、特にかゆみやかぶれといった皮膚の症状が出やすいです。頭皮に直接塗るため、皮膚が影響を受けやすいですが、使用量を調節することで改善が期待できます。

まとめ
内服薬と外服薬、どちらも違った影響があります。薄毛は治したいけど、大きなリスクは負いたくないものですよね。
効果が期待できる分、副作用が気になる内服薬。副作用のリスクは少ないが、効き目を実感するまでには時間がかかる外服薬。あなたはどちらを選びますか?
薬の量を調節しながら、身体に負担をかけない服用方法を心がけましょう。